古酒は沖縄の宝もの
  • ソーシャルブックマークを利用するにはJavaScriptを有効にしてください。

瑞穂酒造は、嘉永元年・西暦1848年、古都首里の地に誕生した造り酒屋です。

琉球国王尚泰王即位の年にあたりその歴史は王家の伝統と共に、育まれ慈しまれてきました。

沖縄で泡盛を造っている酒造所は48ヶ所あります。私たちの造る琉球泡盛は168年の歴史と伝統があります。

瑞穂酒造株式会社
〒903-0801 沖縄県那覇市首里末吉町4-5-16
E-mail :order@mizuhoshuzo.co.jp

「古酒瑞穂35度」を使った泡盛仕込み梅酒造り

泡盛ベースの梅酒の作り方のご紹介(*^o^*)

泡盛をベースとした、まさに沖縄の梅酒!の作り方です↓↓

今回は「古酒瑞穂35度」を使用して、古酒の風味漂う、とっておきの梅酒を作ってみましょう('-^*)/




泡盛で梅酒.jpg























材料
  青梅 1キロ
  氷砂糖 300g(なれている人は黒砂糖なんか使用する人も)
  古酒瑞穂35度 1.8L




作り方

  1.ビンを下準備にしたがって処理する。瓶は一度、泡盛を使って消毒しましょう。

  2.梅をていねいに水で洗って10分ほど水につける。
    浮いてきた梅の実は虫食いの可能性があるので捨てる。
    水気をふきんでよくふき取り、つまようじでヘタを取る。

  3.ビンに梅と氷砂糖を入れて、古酒瑞穂 35度をを注ぐ。このとき、梅の上に角砂糖をのせるほうが味がしみるといわれています。また、氷砂糖の代わりに、黒砂糖を入れる方もいますよ☆

    涼しい冷暗所に放置する。沖縄は暑いですからね〜!特に直射日光にはご注意を!!

  4.時々(できれば週に一度)ビンを揺すって砂糖の濃さを均一にする。




梅を取り出す時期

  1年位したら実を取り出してこす。

  もっと熟成させるなら梅は入れっぱなしでもOK




飲める時期

  3ヶ月以上置けばOK

  1年以上たてばもっと美味しい。ご自宅で楽しむ用の、年代物梅酒にすることも☆



古酒瑞穂35度で造る梅酒は、泡盛の風味豊かですごく美味しいです(* ̄ρ ̄*)


しかも、古酒だからさらに!!!(*^_^*)




ここまで書いてアレなんですが(笑)


作るのがめんどくさい!


という方の為に泡盛ベースの梅酒、商品をご紹介しておきますね(笑)↓↓↓


泡盛ベースの梅酒「梅美人」.jpg




















瑞穂の梅酒  泡盛仕込み「梅美人」 です(´∀`)


泡盛をベースとし、甘みも抑えたスッキリタイプの梅酒で非常に飲みやすく美味しいです☆★


コメントする




↑このページのトップへ戻る

スタッフの最新記事

第七回「蔵開き」開催!!

お天気曇り☁

ホっとアワモヒートはいかがでしょうか

1月8日はムーチーです

新年明けましておめでとうございます

カレンダー

月別 アーカイブ

  • 瑞穂の歴史160年
  • 泡盛オンラインカタログ
  • 古都・首里散策マップ
  • オリジナルグッズ販売
  • THE泡盛カクテル誕生!58kacha-sea

新着情報

瑞穂酒造からのお知らせです。沖縄県那覇市首里から、泡盛に関する最新の情報をお届けいたします。