瑞穂を知る
泡盛PR委員会

瑞穂酒造は、嘉永元年・西暦1848年、古都首里の地に誕生した造り酒屋です。

琉球国王尚泰王即位の年にあたりその歴史は王家の伝統と共に、育まれ慈しまれてきました。

沖縄で泡盛を造っている酒造所は48ヶ所あります。私たち瑞穂酒造の造る琉球泡盛は160年の歴史と伝統ある泡盛です。

瑞穂酒造株式会社
〒903-0801 沖縄県那覇市首里末吉町4-5-16
E-mail :order@mizuhoshuzo.co.jp

沖縄 琉球泡盛の瑞穂酒造株式会社 > 瑞穂を知る > 瑞穂の泡盛ができるまで

瑞穂の泡盛ができるまで

泡盛の作り方

1.原料米・蒸米

泡盛の原料はタイから輸入された良質の南方硬質米です。まず原料米を洗米し、回転ドラムで水切りをして120度の蒸気で蒸します。次に蒸米に黒麹菌を散布して、種合わせの終わった麹を約20時間で繁殖させます。

2.製麹・仕込み

麹室に移し、さらに1日静置し、麹の成熟を待ちます。次に、この麹に水と酵母を加えて発酵させます。仕込まれたもろには、約14日間で出来上がります。

3.蒸留

成熟したもろには、沖縄独特の単式蒸留気で蒸留されます。やがて芳醇な風味の泡盛が誕生します。

4.貯蔵

生まれたばかりの泡盛は、蔵の中で新たな熟成への眠りにつきます。貯蔵によって長い年月を重ねるほど、まろやかで気品ある美酒へと変化していきます。

(貯蔵容器:壷、ステンレスタンク、ホーロータンク、地下タンク)

※3年以上貯蔵したものを古酒(クース)と云います。

5.瓶詰め・出荷

長期貯蔵による泡盛は、様々な瓶容器に詰められ、壷容器には1本1本丁寧に泡盛を詰め、県内及び全国各地、海外へと出荷され、皆様のお手元に届けられます。

泡盛工場見学ビデオ

工場見学・記念酒造りを行っております。

沖縄観光の際には、お気軽にお立ち寄りください。

受付(営業日のみ)

午前の部10:00~12:00
午後の部13:00~16:00

入場無料

駐車場完備(大型バス1台まで)

TEL:(098)885-0121

天龍蔵では試飲販売、泡盛記念酒造りも行っております。

アクセスマップ

瑞穂酒造 本社工場・天龍蔵の地図を表示します。