古酒は沖縄の宝もの
泡盛PR委員会

瑞穂酒造は、嘉永元年・西暦1848年、古都首里の地に誕生した造り酒屋です。

琉球国王尚泰王即位の年にあたりその歴史は王家の伝統と共に、育まれ慈しまれてきました。

沖縄で泡盛を造っている酒造所は48ヶ所あります。私たち瑞穂酒造の造る琉球泡盛は160年の歴史と伝統ある泡盛です。

瑞穂酒造株式会社
〒903-0801 沖縄県那覇市首里末吉町4-5-16
E-mail :order@mizuhoshuzo.co.jp

創業160周年記念 限定30年古酒

160年古酒 「嘉榮」

160年古酒 「嘉榮」

おかげさまで瑞穂酒造株式会社は嘉永元年(1848年)の創業から、今年で160周年を迎えました。

記念の年を迎え30年間以上、甕にて貯蔵いたしました、古酒(クース)を数量限定にて販売することとなりました。

30年以上を経た古酒ならば薄く黄金色を帯び、甕貯蔵特有の香り豊かで濃厚さは格別の味わいとなっております。

「嘉榮」とは創業嘉永元年にあやかり、「榮」という文字には今後も栄え、発展していく思いを込めて名付けました。
ラベルやしおりには県立芸大の方々に作っていただいた手漉きの「糸芭蕉入り和紙」使用しております。
またかぶせ布には「首里織」を使用しております。

ラベルデザイン:沖縄県立芸大 和宇慶朝健

※首里織とは

泡盛と同様、500年の歴史をもつ首里織は王府の貴族の色、柄共に究極まで追求された格調高く悠々とした麗美な織物が織継がれている。首里織でも幾つかの種類の中から王家、貴族専用とされていた道屯織(ロートン織とも呼ぶ)を選びました。

首里織という名称は通産省伝統産業法(現・経済産業省)より認定されております。